2日目前半

天気・・・晴れ 気温・・・35.6℃ 入場者数177,708人(この人数を超えたのは8月中は27日のみ)

コース

三菱未来館@earth

グローバルコモン5

サツキとメイの家観覧

6:30に起床。ホテルの朝食はコンビニのおにぎり・コーンフレークの箱ごとバイキング。
斬新な朝食を済ませ、7:30にチェックアウト。伏見駅からリニモに乗るため藤が丘駅へ。
その時間8:10そうしたら・・・
すでにリニモ50分待ち
λλλλλλλλλλλλλλλλλλλλλλλλλ○| ̄|_

結局入場は昨日同様10時過ぎになってしまいました・・・。
11時から三菱未来館のためどこにもいけない状況に。
とりあえずグローバルコモン1をふらふらし、
「三菱未来館@earthもしも月がなかったら」

草もさー

事前予約は11時からだったのですが、10:40でも入れました。
事前予約って結構適当?
今回も一般の人達(120分待ち)を華麗にスルーし事前予約者は先頭入場( ´ー`)
まず、wakamaru君がお出迎えです!

あー紅茶がおいしい  フラット君、クッキー食べる?

wakamaru1号と2号によるイントロダクション。
1号はマイメロみたいな空気を読まないキャラ、2号は優等生で皆を見下すようなキャラ設定がされており、

1号「もしも月がなかったら・・・ラララ〜♪」
2号「君はやる気があるのですか?」


のようなダークな会話が終始繰り広げられていました。1号はこのままバカキャラで終わるのかと思ったら、外国の方々のため注意事項を英語、中国語、韓国語でいきなり話し出す。しかも日本語はかなり弱い感じなのに外国語は声がオシャレに変わり、超ペラペラ!これには2号もかなり驚いていました。
そんなコントを終え会場内に。次はステージで地球と月の会話を聞くものなのですが、ここもダーク。月と地球は常に毒舌けんか腰でした。三菱未来館はメインシアターに行くまでにもかなり楽しめました。
そしてメインシアター。巨大映像とミラー、音響などのスペシャルイフェクツを複合させたIFXシアターを世界初公開。これがすごかった、超感動!!映像がシアター上部、両側部、下部のミラーに反射しシアター全体に映像が万華鏡のように映し出されるのです。ものすごい迫力で鳥肌もの、トヨタグループ館よりも面白かったです!ありがとう事前予約!!




実は12:30からサツキとメイの観覧コースがあり、時間がいっぱいいっぱいだったのですが、予想外に早く三菱未来館に入れてしまったため余裕が出来ました。そこでグローバルコモン5(アフリカ大陸30カ国+NEDO)で時間つぶし。亭主はNEDOパビリオンにかなり行きたかったのですが当日予約もすでに終了しており12時前ですでに100分待ち_| ̄|○・・・さようなら、MIRAI君。・゚・(ノД`)・゚・。
アフリカ共同館はすべて展示物オンリーのため待ち時間なし。スタンプがぽんぽん押せました。アフリカ間でグッと来たのはこの子達↓
  
僕は絶滅危機の稀少生物   おわぁぁぁ
アンゴラにしか生息しない黒パランカ君
ナイジェリアのウロボ木製立像
ナイジェリア、すごいな・・・  剥製のライオン君顔がやさしい。
これも確かナイジェリア館に・・・
ケニア館のライオン君

そんなことをしてるうちに時間が迫ってきました。
たぴおかたぴおか(゚∀゚)


ここでタピオカ入り紅芋ミルクティー(450円)を購入し、満を持してサツキとメイの家に・・・

12:30の回は12:15に本部に集合。そこで当選ハガキと身分証明書を見せ、50年前の新聞(9/1)とパンフレットを頂きました。昭和30年9月1日の読売新聞のトップ記事は「日本、領土返還で譲歩 南樺太、北千島放棄」、・・・暗いなぁ(;´Д`)
観覧時間30分のうち15分が外観観覧、15分が家の徹底的な物色に分かれており、外観観覧の時は外から家の中の写真撮影が許可されました。
いろいろ撮影しましたので写真が多い、というわけで他のページを設けましたので写真はこちらに。
家の中はすごかったです。たんすを開けると昔の服から消しゴム砂消し、三菱の鉛筆など文房具、ごま油やサイダーなど調味料・調理道具など、繊細な部分まで再現されており、人が住んでいてもおかしくない状況でした。「映画から一年後の世界」が舞台ということで母の服などもあるし、サツキのランドセルの中の教科書には赤線や落書きまで書かれていてびっくり( ゚Д゚)それで当選確率4%、少人数制の意味が分かった気がしました。一気にたくさんの人に物色されたらぐちゃぐちゃ必至だもんなぁ。劇中に出たいろいろな品もあってこれはかなり面白かった!!


次へ
万博レポートへ
home
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー